只野真葛の奥州ばなし - 荒蝦夷

只野真葛の奥州ばなし

Add: zekoxos63 - Date: 2020-12-08 08:23:29 - Views: 7828 - Clicks: 1452

「奥州ばなし」は身近に感じたそうです。. 2: むかしばなし: 只野真葛 著 ; 中山栄子 校注: 平凡社: 1984. 荒蝦夷の編集者に神楽の資料をあれこれ訊ねた。 青森のキノコ学会リーダーの話。 冗談のようだが、日本には「キノコが好きで好きで仕方ない者」と「関心がない者・忌避する者」がいて、前者は縄文人の末裔、と言う。 (ちなみに唯一、真葛さんの作品で現代語訳されてるのが、 「只野真葛の奥州ばなし」 発行:荒蝦夷 真葛さん監修の奥州仙台に伝わる昔話集。. 只野真葛の奥州ばなし 。 外部サイトで調べる: 副書名 。 勝山海百合現代語訳 。 著者名等 。 只野/真葛‖著 。 勝山/海百合‖現代語訳 。 出版者 。 荒蝦夷/仙台 。 出版年 。.

只野真葛の作品は多く、とくに『むかしばなし』は率直で機知に富んだ長大な随筆 であり、小説家永井路子は、真葛を「江戸の清少納言」と評している 。また、曲亭馬琴との交流のもととなった著作『独考(ひとりかんがへ)』は論点が多岐にわたり. 只野真葛の奥州ばなし: 只野真葛 著 ; 勝山海百合 現代語訳: 荒蝦夷:. 6: 真葛がはら: 只野真葛 著: 青葉倶楽部: 昭和6: 真葛がはら: 只野真葛 著. 3: 只野真葛集: 鈴木よね子 校訂: 国書刊行会: 1994. 著者 只野真葛 著 ; 勝山海百合 現代語訳 出版社 荒蝦夷; 刊行年 ; ページ数 133p; サイズ 19cm; ISBN.

「奥州ばなし」の現代語訳を「只野真葛の奥州ばなし」(荒蝦夷(えみし))として出版した作家の勝山海百合(うみゆり)さんは「一種の. 3: 大きさ、容量等: 133p ; 19cm: 注記 年譜あり 注記. 勝山海百合 現代語訳『只野真葛の奥州ばなし』(荒蝦夷) 『厨師、怪しい鍋と旅をする』(東京創元社) ★近刊予定.

只野真葛の奥州ばなし: 著作者等: 勝山 海百合 只野 真葛 工藤 真葛: 書名ヨミ: タダノ マクズ ノ オウシュウバナシ: 出版元: 荒蝦夷: 刊行年月:. 68 : 小説.物語: 対象利用者: 一般: 資料の. 【トークイベント】 八文字屋書店泉店 年06月11日 15時~14時 (開場14時30分). 『只野真葛の奥州ばなし』勝山海百合/現代語訳 荒蝦夷 江戸で生まれ育ち仙台へと嫁いだ才女・只野真葛が記した奇談集『奥州ばなし』を、小説家の勝山海百合氏が現代の言葉に直したもの。. 只野真葛の奥州ばなし 勝山海百合現代語訳 (叢書東北の声)/只野 真葛/勝山 海百合(小説・文学) - 「赤蝦夷風説考」を著した工藤平助の娘にして、滝沢馬琴を師と仰いだ〈才女〉只野真葛による江戸期の仙台不思議ばなし集を、東北が生んだ女性作家・勝. 全件表示 (109) 叢書・東北の声 (36) 震災学 (14) 荒蝦夷東北地域誌 (25) 〈荒蝦夷の仲間たち〉一覧 (34) カートの中身 カートに商品は入っていません. 新連載只野真葛の『奥州ばなし』 現代語訳/勝山海百合 新連載みちのく怪談拾遺 黒木あるじ 〈東北怪談同盟〉顛末記/〈みちのく怪談〉母を背負いて 鷲羽大介 妖しき〈みちのく〉の縁 似田貝大介 私のお化けの描き方 金子富之.

只野真葛『奥州ばなし』「七ヶ浜」より: ほうそう婆 文化年間のはじめ、蝦夷松前に出兵があった当時のことである。 陸奥の国、七ヶ浜の大須というところで疱瘡(ほうそう)が流行して、罹った者の大半は死んだ。. 著者 勝山海百合 現代語訳 出版社 荒蝦夷; 刊行年 ; 冊数 1; 解説 初版、カバ. 只野真葛の奥州ばなし 只野真葛 著 ; 勝山海百合現代語訳 (叢書東北の声, 34) 荒蝦夷,. 3 叢書東北の声 34. 「只野真葛の奥州ばなし」を図書館から検索。.

只野真葛の奥州ばなし: 只野真葛の奥州ばなし - 荒蝦夷 著者: 只野真葛 著 著者: 勝山海百合 現代語訳: 著者標目: 工藤, 真葛,: 著者標目: 勝山, 海百合, 1967-出版地(国名コード) JP: 出版地: 仙台: 出版社: 荒蝦夷: 出版年月日等:. 只野真葛 の現代語訳に. 『只野真葛の奥州ばなし』(荒蝦夷)はワールドコン75(ヘルシンキのMessukeskusnoで開催中)の日本SF作家クラブのブースで頒布しております。 こんな様子です。本書に英語の要約付きです。ぽつりぽつり売れております。 ホールのブース26です。 *参加者以外のかたも入場出来るスペースです. 4』(荒蝦夷) 新刊入荷です。. 雑誌『仙台学』に連載していた江戸時代の作家 只野真葛(ただのまくず)の怪異譚集「奥州ばなし」の現代語訳が一冊になります。 二月に荒蝦夷から発売予定です。 注釈、イラスト、怪異の現場を記した地図、年表、門玲子氏との対談が付きます。 四六判、百三十六頁、予価二千百円(税別.

荒蝦夷の編集者に神楽の資料をあれこれ訊ねた。 青森のキノコ学会リーダーの話。 冗談のようだが、日本には「キノコが好きで好きで仕方ない者」と「関心がない者・忌避する者」がいて、前者は縄文人の末裔、と言う。. 『只野真葛の奥州ばなし』(荒蝦夷、2100円+税)で彼女の作品を読んで、こんなに面白く、愉快な話を書いていたのか、と驚いた。 本書は、真葛が親類らから聞いた不思議な話、心に残った話など27編を収めた怪異譚集。. 【連載】勝山海百合現代語訳 只野真葛の『奥州ばなし』 黒木あるじのみちのく怪談 定価:本体1500円(税別) ISBN. 「奥州ばなし」より / 只野真葛 著勝山海百合 現代語訳: 部分タイトル 「谷の響」より / 平尾魯僊 著黒木あるじ 現代語訳: 部分タイトル: 解説. 荒蝦夷の最新刊が入荷です! 勝山海百合現代語訳 『只野真葛の奥州ばなし』 荒蝦夷発行 新品 定価2100円+税 (通販可能) 芥川龍之介も愛した江戸時代の仙台のふしぎなお話・・・。.

みちのく怪談の系譜 / 東雅夫 著: 出版年(w3cdtf) : ndlc: kh6: ndc(9版) 913. /03/31 『只野真葛の奥州ばなし』 荒蝦夷新刊入荷です! /09/10 荒蝦夷新刊:『渚にて あの日からの<みちのく怪談>』 /03/19 『震災学 vol. 3: ページ数: 133p: 大きさ: 19cm: ISBN:: NCID: BB※クリックでCiNii Booksを表示: 全国書誌番号:. 江戸時代の仙台で活躍した女性作家・只野真葛 の不思議ばなし集『奥州ばなし』の現代語訳が 話題の作家、勝山海百合さんが、只野真葛と 『奥州ばなし』の魅力を語ります!.

3 。 ページと大きさ 。 133p/19cm 。 シリーズ名 。 叢書東北の声 34 。 分類. 只野真葛 著 ; 勝山海百合現代語訳. 作家・勝山海百合、 只野真葛『奥州ばなし』の 魅力を語る! 「奥州ばなし」より {乙二/めいしん/狐つかひ/与四郎}(只野真葛 現代語訳:勝山海百合) 「谷の響」より {蛇塚の蟒蛇/山中の供物/骸喰う蛸・猿喰らう蛸/食べてはならぬ/死なぬ鶏/津軽の河童}(平尾魯僊 現代語訳:黒木あるじ). があるよ。. 6』 新刊入荷です。 /04/19 『遠野学VOL. 出版社: 荒蝦夷 () isbn-10:isbn-13:この本の.

只野真葛の奥州ばなし - 荒蝦夷

email: ucesuj@gmail.com - phone:(877) 694-2566 x 3994

海底空母イ-400号 - 檜山良昭 - 永嶋政宏 軌跡という傷跡

-> 被差別部落と教員 - 解放教育史研究会
-> 古書家画家雅号索引 - 小笠原長則

只野真葛の奥州ばなし - 荒蝦夷 - 評判献立 山本麗子 何度でも作りたくなる


Sitemap 1

日本に生きる 総論編 - 近畿日本ツーリスト株式会社 - ビーストハーレム 極上楽園男子 堂本奈央